QLOOKアクセス解析

*All archives* |  *Admin*

通販グルメ道Top > うなぎ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「入船のうな丼」 明治27年創業の超老舗!
宮崎で明治27年創業の超老舗うなぎ料理屋さんより
待望のうなぎが届きました。

その店の名は「入船」。

入船のうなぎ


実家に帰った時は良く足を運びますが
1時間以上も待つ人気店です。
(宮崎での1時間待ちはすごいの一言。)
しかし1時間待っても全く後悔した事がありません。

食べた瞬間にあまりのうまさに憤死してしまいます。
全国のうなぎで、最も入船のうなぎがうまいと

ここに宣言します

宮崎に行かれる方は、「うなぎの入船」でググって
私の表現が大袈裟でない事を確認し、是非とも
憤死しに行って下さい。

という事で・・・・

さっそく晩飯として頂く事にしました。

◇入船のうな丼の食べ方

Step1:パッケージを開ける。

入船のうなぎ


Step2:うなぎをはさみで切る。結構固いです。

Step3:フライパンにうなぎを並べて、タレと酒をかける。

入船のうなぎ


Step4:ふたをして弱火で5分位温める。

入船のうなぎ

5分後の状態です。

入船のうなぎ


Step5:丼にご飯をよそって、うなぎをのせる。

20091221002755


◇入船のうな丼の感想

一口食べた瞬間に、あまりのうまさに気が遠くなりました。

火を通す前の固さは全くなく、ほくほく、ほろりとした食感です。
うなぎは脂がのっていて、香ばしいタレとのコンビネーションが
絶妙でたまりません。大盛りご飯が一瞬でなくなりました。

もちろん、店で食べる焼立ての味にはかないませんが
ここまで再現出来れば、上出来なのでは・・・

と自画自賛。

なお、残りは切った状態で冷凍して、食べる分だけ
同じ手順で温めます。
スポンサーサイト
自己紹介

川柳歌麿

Author:川柳歌麿
B級グルメが大好きで、時間があれば料理を作り、家族に評価してもらっています。料理って奥深いですね~!


通販グルメ道の目次
お気に入りグルメサイト
美味しい情報でいっぱいです。
ランキング参加中
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ 人気ブログランキングへ
当サイトに掲載したグルメ写真
Googleによると以下の広告が関係あるとの事・・・
RSSリンクの表示

Ferretアクセス解析
関連記事Loader

[猫カフェ]futaha

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。